フルリフォームの際に八尾の仮住まいに収納できな荷物について

八尾でフルリフォームを行う場合、家屋全体を改装しますので仮住まいの住居に引っ越しを行うわけですが、仮住まいの先によってはどうしても家具や荷物が入り切らない場合があります。そういった場合の代表的な預け先として業者が提供している一時的に荷物を預かるサービスなどが挙げられます。どちらのサービスにも一長一短がありますので、保管するものなどに合わせて利用することをおすすめします。

引っ越し中に荷物を預けるには

引越し業者の中には荷物を無料で預かってくれるサービスがあります。引っ越しの際にまとめて梱包してそのまま運搬してくれるという点で大きなメリットになります。預かってくれる量に関しては各引っ越し業者ごとに変わってきますので見積もりの際に確認しておくと良いでしょう。このサービスを利用するにあたって気をつけなければいけない点が2点あります。荷物をひとまとめにしておくので、あとになって必要なものが出てきてもそれだけを取り出すというわけには行きません。ですので予め必要になりそうなものはリストアップして、仮住まいの方においておきましょう。その他の荷物は倉庫内の区画に置いておきますが、繊細なもの、温度や湿度などの細かな管理が必要なものは仮住まいなどに分けておくことをおすすめします。

トランクルームも合わせて利用してもOK

トランクルームは地域や容量、種類によって値段が変動します。代表的な種類としては国土交通省の認定を受けた優良トランクルームとビルなどのテナントに入っているレンタル収納スペース、屋外に設置されているコンテナの3つがあります。
優良トランクルームは政府によって定められている条項によって一定の温度や湿度、防虫制度を保持していますので精密な家電製品なども安心して保管しておけます。長期にわたる保管にも対応しておりますが、広い倉庫の中に室内用コンテナが置かれているケースがほとんどで、完全に空調管理が安定していないこともあります。また、仮住まいの途中に荷物を出したくなったとき、追加料金が発生する場合もあるのがネックとなっています。レンタル収納スペースはビルの一室を仕切って荷物を収容する空調管理や警備という点では文句はありません。ただし、値段は高くなります。ビル内部に運び入れますので大型の物を運搬するには労力を有します。屋外のコンテナは使用料金が安く、屋外に設置されていますのでいつでも搬入、搬出ができる他、入り口まで車を乗り入れることができますので大きな荷物でも比較的楽に運ぶことができます。問題としては外気にそのまま晒されていますので外気温の影響を受けやすいという点です。
どれか一つに全部の荷物を預けなければいけないというわけではありませんので、八尾でフルリフォームを行う際にはこれらのサービスを組み合わせて荷物を整理してもいいでしょう。

ピックアップ記事

八尾のフルリフォームとリノベーションの違い

八尾でも行われているフルリフォームは、大掛かりなものです。その中でもスケルトンリフォームと呼ばれるものに関しては柱や梁などの骨組みの段階まで分解して組み立て直しますので、リノベーションと混同されがちで...

フルリフォームを八尾で行うために必要な予算

八尾でフルリフォームする際にどうしても間取りを広く取ろうと大きな物件に手を伸ばしがちですが、物件を手に入れたはいいけどフルリフォームするだけの予算が足りないという場合があります。八尾でリフォームする際...