八尾のフルリフォームとリノベーションの違い

八尾でも行われているフルリフォームは、大掛かりなものです。その中でもスケルトンリフォームと呼ばれるものに関しては柱や梁などの骨組みの段階まで分解して組み立て直しますので、リノベーションと混同されがちです。
しかし、八尾で行われているフルリフォームでは経年劣化してマイナスになっている価値を元の新品同様にまで戻すいわばマイナスの状態から元の状態に戻すのに対し、リノベーションではそこからさらに付加価値をプラスしてより価値の高いものにするという点でフルリフォームとは区別されます。どちらもメリットとデメリットはありますが、家全体を改装する場合は元の住居に住みながらの改装は行えず、仮住まいとなる場所が必要になります。

リノベーションのメリットとデメリット

リノベーションはスケルトンリフォームよりも工期が短く、一般的に安価で行えるという利点があります。また、リノベーションの規模が小さい場合には元の住宅に住みながら行うこともできるため、場合によっては仮住まいの確保をする必要がないケースもあります。
大規模なリノベーションでは間取り自体も好きなようにレイアウトできますので、子供が巣立ったあとの余分な部屋をつなげて広い空間を作るなどライフスタイルに合った間取りにできるのも大きな特徴です。しかし、リノベーションの際に骨組みにまで劣化が進んでいた場合や構造的な都合上撤去できない柱が有って完全に希望通りの間取りが作成できない場合があり、そういった場合には追加で工賃や期間が増える可能性がありますので注意が必要です。そういった場合でも一から新築の家を建てるよりは安く済みますので完全な建て替えよりリノベーションを選択しても良いでしょう。

スケルトンリフォームのメリットとデメリット

スケルトンリフォームでも大規模な間取りの変更は可能ですし、柱や梁と言った基礎部分以外は新しいものと交換しますので内外装共に新築同様にまで復元ができます。また柱によってある程度制限も受けますがある程度の範囲内で間取りの変更も可能です。デメリットとしては必ず骨組みにまで分解してから再構築を行いますので、その分工賃と期間がかかること、大規模な工事ですので騒音が発生するため予め近所に説明を行うほうが良いこと、小規模なリノベーションと違って家全体を分解しますので必ず仮住まいの確保が必要となってくる事が挙げられます。

ピックアップ記事

八尾のフルリフォームとリノベーションの違い

八尾でも行われているフルリフォームは、大掛かりなものです。その中でもスケルトンリフォームと呼ばれるものに関しては柱や梁などの骨組みの段階まで分解して組み立て直しますので、リノベーションと混同されがちで...

フルリフォームを八尾で行うために必要な予算

八尾でフルリフォームする際にどうしても間取りを広く取ろうと大きな物件に手を伸ばしがちですが、物件を手に入れたはいいけどフルリフォームするだけの予算が足りないという場合があります。八尾でリフォームする際...